元寇って神風が吹いて奇跡的に勝ったと思ってた

宗教・歴史
1 :風吹けば名無し 2020/07/10(金) 04:30:39.54 yZqDL9h90.net
普通に撃退しとるのに、何で嵐のおかげみたいに教えとるんや?
3 :風吹けば名無し 2020/07/10(金) 04:31:15 y9vNnOSt0.net
そうなん?
9 :風吹けば名無し 2020/07/10(金) 04:34:21 0jy6/iun0.net
海上に釘付けにしとったからという点がすっぽ抜けとる
その教訓忘れて神風じゃ神州じゃと騒いだ日本はアメリカに負け
船を杭で串刺しにして勝ったというのをずっと忘れなかったベトナムはアメリカに勝ったという
11 :風吹けば名無し 2020/07/10(金) 04:35:06 o/g63/y3M.net
撃退はしてないやろ
向こうが撤退した
12 :風吹けば名無し 2020/07/10(金) 04:35:43.54 0tNaNloja.net
武器の科学力が違いすぎて戦力的に絶望的なイメージやわ
14 :風吹けば名無し 2020/07/10(金) 04:35:52.73 q7oAsra20.net
歴史の教科書ですら日本は敗北寸前でしたって書いてるからやべーよな
26 :風吹けば名無し 2020/07/10(金) 04:39:45.73 SgIs3f94M.net
敵を調子乗らせて奥まで引きずり込んで罠にハメる

これなんか人類がナウマンゾウ追っかけてた頃からの基本戦術やで

27 :風吹けば名無し 2020/07/10(金) 04:39:59.09 GLNFZj7s0.net
元寇の見捨てられた残党を大量虐殺したのエグい
32 :風吹けば名無し 2020/07/10(金) 04:42:22.32 SgIs3f94M.net
>>27
残してもなんの意味もないやん
なんでそんな奴らに飯食わさなあかんの?
どうやってモンゴルまで捕虜引き渡すわけ?
31 :風吹けば名無し 2020/07/10(金) 04:41:40.92 SgIs3f94M.net
てつはうなんて連射とか出来んからな
あの当時のは威力よりコケ脅しの意味が強い
39 :風吹けば名無し 2020/07/10(金) 04:46:41 jgY5iR8d0.net
>>31
それは古い
ディスカバリーChで再現してたけど
直径20cmの容器に金属片と一緒に詰めた黒色火薬の威力は絶大

運が悪けりゃ数十メートルあっても致命傷
助かったのは持ち込んだ数が少なかっただけ

33 :風吹けば名無し 2020/07/10(金) 04:42:48 WaNDQZ/Na.net
当時の武士は元寇が来たときにやあやあ我は〜とか名乗ってたんやろ
36 :風吹けば名無し 2020/07/10(金) 04:45:49 nxUDDflX0.net
>>33
初戦は名乗ってたみたいやけどそんなことお構いなしの攻撃を食らってからは初手集団戦に切り替えたみたいやで
35 :風吹けば名無し 2020/07/10(金) 04:43:51.08 dEPEkqLf0.net
城攻めは三倍の戦力が必要って言うしな
日本海とかいう堀
38 :風吹けば名無し 2020/07/10(金) 04:46:16 yBR7YRnTM.net
元はガチで日本を占領しようとしとったんやろか?
それともちょっと脅したら言うこと聞くやろ程度やったんか?
40 :風吹けば名無し 2020/07/10(金) 04:48:15 SgIs3f94M.net
>>38
元の威光を知らしめる目的で従属させたかったんや
52 :風吹けば名無し 2020/07/10(金) 04:50:40 yBR7YRnTM.net
>>40
つまり脅して言うこと聞かせたかったんか
しかしその場合遠征にかかる巨額の軍費と利益釣り合わないんちゃうか?
属国の朝鮮の軍を駆り出してるとはいえ元自体もかなり出兵しとるやろ?
56 :風吹けば名無し 2020/07/10(金) 04:52:30 SgIs3f94M.net
>>52
そこは高麗がそそのかしたんや
かんたんに攻められますよって言ったわけ
たしかに高麗の造船技術はあったしそれなりの武器も用意してたが

日本はそんなもん見越して長期戦を仕掛けたわけで

43 :風吹けば名無し 2020/07/10(金) 04:49:06 hx5oJB/Z0.net
防衛戦やから得るものはなかったんか
後でホルホルできたぐらいか
47 :風吹けば名無し 2020/07/10(金) 04:49:47 xsrBBKqj0.net
弓の破壊力が圧倒的だったのて原稿やっけ?
76 :風吹けば名無し 2020/07/10(金) 05:01:36 YmZ01tYua.net
>>47
後は日本刀の性能は鎌倉時代のものがピークと言われてるくらいやし
64 :風吹けば名無し 2020/07/10(金) 04:57:36 U+ZvqOR80.net
幕府「ワイがお祈りしたら神風吹いたわ」
65 :風吹けば名無し 2020/07/10(金) 04:57:48 SgIs3f94M.net
そもそも鎌倉時代なんて血で血を洗う戦乱の世やで?
そんな時代に攻めてきたかはガチンコバトルやわな

今でこそ日本弱いと思うかもしれんが当時の日本は強かった

67 :風吹けば名無し 2020/07/10(金) 04:59:31 2ChAfquiM.net
教科書に載ってる元寇の絵あからさまに加筆されたやつだったの笑うわ
72 :風吹けば名無し 2020/07/10(金) 05:00:52 iDNjhuEsa.net
でも実際台風が無かったら負けてたやろ
78 :風吹けば名無し 2020/07/10(金) 05:02:03 YmZ01tYua.net
>>72
九州北部は占領されてた可能性とかはあるよな
87 :風吹けば名無し 2020/07/10(金) 05:04:49 SgIs3f94M.net
>>78
上陸部隊が築城したらスキをついてそれを潰して回る
上陸部隊同士がバラバラになるように連絡兵を狙う、

などなどけっこうな頭脳プレーをした

90 :風吹けば名無し 2020/07/10(金) 05:05:38.77 QFslVsY40.net
>>78
補給が続かんやろから食料を自給自足ができるレベルの領土は取らんと維持は難しそうや
79 :風吹けば名無し 2020/07/10(金) 05:02:17 SgIs3f94M.net
>>72
台風はトドメやで
台風来るまで沖合いに閉じ込めてたんや
99 :風吹けば名無し 2020/07/10(金) 05:07:36 U+ZvqOR80.net
>>72
上陸出来なくて沖に足止めされてたんやし
引くに引けない状態のまま数ヶ月膠着状態だったんやで
77 :風吹けば名無し 2020/07/10(金) 05:01:39 N7QXzDzU0.net
一回目は割とやられてたけど二回目はちゃんと対策して追い返したみたいな感じやと思ってる
80 :風吹けば名無し 2020/07/10(金) 05:02:20 nxUDDflX0.net
鎌倉幕府が恩賞払いたくないために神風のおかげだと流布したんじゃないかと思ってる
84 :風吹けば名無し 2020/07/10(金) 05:03:23 vL25UZGV0.net
台風の季節まで海岸にずーっと釘付けにされとる時点で負けやん
89 :風吹けば名無し 2020/07/10(金) 05:05:19.58 N7QXzDzU0.net
元は従来の価値では考えられないぐらいへりくだって日本に文書送ったんやぞ
日本側が早とちりして挑発と受け止めて戦争になったんや
92 :風吹けば名無し 2020/07/10(金) 05:05:57.30 YmZ01tYua.net
>>89
南宋から僧侶の情報ベースだから元に対する印象もとから悪かったしね
93 :風吹けば名無し 2020/07/10(金) 05:06:47 6zCT1CFb0.net
いうて京都から送られた本隊6万騎が到着する前に終わったらしいし大したことなかったんやろ
96 :風吹けば名無し 2020/07/10(金) 05:06:55 L8t8HyAg0.net
寧ろ元がそこまで強くなかった。
所詮は継ぎ接ぎの軍隊。当時の技術じゃ、海も渡るのも一苦労。季節。たしか内戦もあったろ。
97 :風吹けば名無し 2020/07/10(金) 05:07:07 oNtVGNJY0.net
昔の人って海を渡った先の陸地がどれくらいの広さでどれくらいの人間が住んでるとかどうやって把握してたんやろ
98 :風吹けば名無し 2020/07/10(金) 05:07:26 Fz70qUc40.net
この頃の馬て木曽馬なわけやけど
この頃の絵を見る限り別に騎馬運用できないような貧弱な馬とはちゃうんよな?🤔
その割に日本の馬はクソって評価されがちよな
103 :風吹けば名無し 2020/07/10(金) 05:08:40 L8t8HyAg0.net
>>98
モンゴルの馬もそんなデカいやつやなかったろ?
107 :風吹けば名無し 2020/07/10(金) 05:09:00 SgIs3f94M.net
>>98
馬が小柄でも交通手段としては有効やろ
139 :風吹けば名無し 2020/07/10(金) 05:18:03 Fz70qUc40.net
>>107
そもそもいうほど小柄でもなくない?って話や
現存する木曽馬はそこそこのサイズやし平均身長今より低い当時なら十分騎馬運用できたやろって
114 :風吹けば名無し 2020/07/10(金) 05:10:44 vL25UZGV0.net
モンゴルの馬もちっさかったけど大陸制覇したし
軽騎兵も重騎兵もいたやん
120 :風吹けば名無し 2020/07/10(金) 05:12:17 L8t8HyAg0.net
>>114
確かに重騎兵がおるのはデカいな。元寇で使われたのかは知らんが。
日露戦争では秋山も苦労してたな。
日本には元来騎兵の概念がないらしいな。
150 :風吹けば名無し 2020/07/10(金) 05:20:41 3kGIN5oQd.net
よく知らんけど元軍が日本に辿り着いた段階で既にわりと疲弊してたんちゃうの?長い船旅とか病気とかで
だいたい得意の騎馬隊はクソ狭い日本の港じゃ役に立たんし